自己破産のデメリットって、やっぱり気になりますよね!

そりゃー、借金をチャラにしてもらえるんですから、それ相応のデメリットもあるんだろう、って思うのが当然ですよ。

たしかに自己破産のデメリットはあります。

でもね、自己破産することでのメリットの大きさを考えたら、デメリットなんて気にするほどじゃないんです!もしかして・・・

ウワサされている自己破産のデメリットを鵜呑みにして、ビビっているんじゃないでしょうか。

けっこうありますからね、ガセネタが。

なにをかくそう、ワタシもそれに惑わされていた一人でしたから(笑)

自己破産を考えているんだったら、ちゃんとしたデメリットを知っておかないと!

ちゃんとわかれば、『なんだ、たいしたことじゃないな」って思えるでしょう。

ワタシの話を聞けば、ちゃんとわかりますから、硬くならずに気楽に読んじゃってくださいね。

おそれるに足りず!?自己破産のデメリットはあまり気にするな!

自己破産はすべての借金をチャラにしてもらえる方法です。

ホント、神のような制度ですよね。

数百万円、数千万円の借金があってもゼロになるんですから。

でも、それだけの借金をチャラにしてもらうんですから、やっぱりデメリットもあります。

だからって、そのデメリットを必要以上に怖がって自己破産を躊躇するのが一番ダメ!

デメリットはあるけど、借金に追われるつらい日々に比べたら、そんなに気にするくらいじゃないんですよ。

たしかに、デメリットから目をそむけたくなる気持ちわかります!

知れば知るほど、自己破産の怖さがわかってくるんじゃないか、ってね。

でも、自己破産をする・しない、どちらにしてもデメリットを知っておかないと、逆にそのデメリットの影響をもろに受けちゃうかもしれませんからね。

ホントだまされたと思って、ワタシの話を聞いてください。

たいしたことないか、って思えてきますから!

自己破産したら財産が没収される・・・だけど残せる財産もあるんです

自己破産のデメリットの1つが、財産が没収されちゃうという点です。

まぁ、あたり前といえばあたり前ですよね。

財産があるのに、『借金が返せないからチャラしてください』なんて都合のいいことは言えませんからね。

それができるなら、ワタシだって豪邸を建てて借金だけチャラにしてもらいますから(笑)

財産を没収されるっていうと聞こえが悪いですけど、没収した財産は管財人がお金に換えて債権者に配分するんです。

かんたんにいえば・・・

「私が持っているすべての財産を差し出しますので、これで借金はチャラにしてください」

という感じ。

なので、家や車などの財産は残せなくなっちゃいます。

「じゃあ、住む家もお金もなくなっちゃったら、ホームレスになるしかないのか」

と不安になっちゃいますよね。

でも、そんなことはないんですよ。

自己破産は生活を再生させるための制度ですから、最低限度の生活は送れるようになっているんです。

つまり、自己破産したらすべての財産がなくなっちゃうんじゃなくて、残せる財産もあるんですよ。

それが自由財産というもの。

ほぼ自由財産しかないという人は、何も没収されないんですからデメリットでも何でもないですよね。

ちょっと自由財産について、解説しておきましょう。

新しく取得した財産は差押えされません 

自己破産の手続きは、終わるまでには3ヶ月~1年ほどかかってしまいます。

その手続きが終われば、あとはしっかり働いて財産を増やしていくだけですね。

さすがに自己破産手続きが終わってから得た財産までは没収されない、ってことはわかるでしょう。

でも、厳密にいえば違うんですよ。

じつは、自己破産の手続きがすべて終わってからではなく、破産手続きが開始した後から得た財産は没収されないんです。

破産手続き開始後に破産管財人が財産を調査して没収するんですが、それはあくまで手続き開始前までの財産だけ。

なので、申立てをして破産手続き開始決定がされれば、そのあとからは財産を増やし放題ですよ(笑)

差押えが禁止されている財産は残せる

自己破産したら、怖いお兄さんがやってきて家の中のモノすべてに差押えの赤札を貼られちゃって、持っていかれちゃうっていうイメージありませんか!?

それ、テレビドラマの見すぎです!

破産管財人は自宅に来て財産を調査することもできるんですが、そんな手間がかかることは基本的にしないんですよ。

提出した財産目録を調査するだけなんです。

そもそも、家に来たところで、家の中にあるモノの多くが差押えを禁止されているんですからね。

さっきも言いましたが、自己破産は生活を再生させるための制度で、最低限度の生活を送るための必需品は没収されないんですよ。

あくまで一例ですけど、以下のようなモノは残すことができます。

  • 冷蔵庫や洗濯機、電子レンジなどの家電製品
  • エアコンやテレビ、パソコンなどの日常的に使用する電化製品
  • 食器棚やテーブル、タンス、ベッドなどの家具
  • 仕事で使用するモノ
  • 家族が勉強するために必要な書類や器具
  • 仏壇や仏具など
  • 1ヶ月間の生活に必要な食料など

つまり、高価な財産がなくすべて生活に欠かせないものなら、没収されないってワケです。

こう見ると、ウチなんて没収される財産なんてないですね(笑)

よかった、よかった・・・よかったのか!?

99万円以下の現金は残せます

自己破産してお金がゼロになっちゃったら、いくら再スタートといっても次の給料が出るまでの期間は生活できませんよね。

じつは、現金も99万円以下であれば、自由財産として残すことができるんです。

100万円の現金を持っていたら、1万円だけ没収されることになります。

「99万円までOKか!よしわかった」と、あくどい考えを思いついたアナタ!

気をつけてくださいよ~!

アナタのお考え、たぶん想像つきます(笑)

そして、それヤバイです!

おそらく、車を売って現金にしちゃおうとか、預金を引き出して現金にしちゃおう、っていう考えですよね。

ワタシもそれ、思いつきましたから(笑)

でもそれ、ダメよ~ダメダメ!

もし、車を売って50万円の現金を手にしたとします。

それはもう、現金だとしても50万円の価値がある車として判断されちゃって、結局没収されちゃいますから。

預金から引き出すなんて、口座を確認したらそれこそすぐにわかりますからね。

そもそも、自己破産を検討している人だったら、数十万円の預金すらないのがほとんどでしょうから、やる人もいないでしょうけど。

自由財産の拡張が認められれば、さらに残せる財産も

自由財産とは、差押えが禁止されている財産と99万円以下の現金なので、それ以外の財産は原則として没収されちゃいます。

じゃあ、車はやっぱり没収されちゃうのか、って思うでしょう。

ただ、それ以外のケースでも裁判所の判断で、自由財産の拡張が認められるケースがあるんです。

一般的には20万円以下の財産だったら、残すことができちゃうってわけ。

原則として自由財産の拡張が認められるのは、以下の財産についてです。

  • 預貯金
  • 生命保険解約返戻金
  • 退職金
  • 居住用家屋の敷金

また、ここであくどいこと考えつきませんでしたか?

車の価値が20万円以下だ、って申告すればいいんじゃないかってね。

ワタシはそう考えましたから(笑)

でも、車は市場価値で判断されちゃいますから、自分で決めてもダメですよ。

ちなみに300万円以下の国産車で、7年経過している車だったら『無価値の車』と判断されるみたいで、査定せずに残すことができます。

破産管財人がいらない財産は残せます

没収した財産は破産管財人が売却してお金にし、それを債権者に分配します。

でも、その財産によっては現金化するのが難しいものもあるんです。

たとえば、田舎の山奥にある土地とかですね。

タダであげるといわれても困りますよね。

タダでも管理費用や固定資産税などがかかってしまうんですからね。

そのため、破産管財人も『こんな財産はいりません』と放棄する場合もあるんです。

このように、破産管財人が放棄するような財産なら、残すことができちゃいます。

まぁ、めったにないみたいですけどね。

まずないでしょうけど、極端にいえば「この家は放棄します」って言われれば住み続けられるってわけです。

もしワタシの家がそういわれたら・・・うれしいような、悲しいような(笑)

ブラックリストに載ってしまう・・・載る期間は長くて10年間、すでに載っている可能性も!?

ブラックリストって聞いたことがありますか!?

たぶん、自己破産を検討しているアナタなら、『自己破産したらブラックリストに載ってしまう』という話は聞いたことがあるんじゃないでしょうか。

ハイ、ブラックリストには載っちゃいますよ。

では、ブラックリストに載ったらどうなるかわかりますか?

かんたんに言えばこんな感じ。

  • ローンを組めない
  • クレジットカードが持てない
  • 保証人になれない
  • 賃貸住宅によっては契約できない場合もある
  • スマホの分割払いができない

たしかに不便でしょうけど、生活ができなくなるわけじゃないですからね。

普通にニコニコ現金払いをすればいいんですから。

まぁ、大きな買い物はできなくなっちゃいますけど、これを機に借金をして買うというライフスタイルを変えるチャンスとも言えますよ。

まさに新しい生活をスタートさせるという意味では、いいきっかけになるんじゃないでしょうか。

しかも、このブラックリスト、一生消えないわけじゃありません。

自己破産をした場合は、最長でも10年で消えるんです。

つまり10年経ったらローンも組めるし、クレジットカードもつくれるし、ジャンジャン保証人にもなれますよ。

まぁ、保証人はやめたほうがいいですけど(笑)

「でもやっぱり、ブラックリストには載りたくない」

そう思うかもしれません。

じつはブラックリストは自己破産したときだけ載るわけじゃないんです。

借金の返済が何度も遅れたりしても、ブラックリストに載る可能性があるんですよ。

つまり『ブラックリストに載りたくない~!』と言っても、もう載っているかもしれませんからね。

また、ブラックリストに載りたくないから自己破産をしたくないと思っても、これから返済が厳しい状況が続いていけば、載ってしまうこともあるかもしれません。

そもそも、ブラックリストに載っても他人に知られることは絶対ないですから、気にすることじゃないですね。

官報に載ってしまう・・・そもそも誰も見ませんから!

自己破産のデメリットとして言われているのが、官報に載ることですね。

官報は国が発行している新聞のようなもので、自己破産手続きを開始したときと免責許可が下りたときの2回載るんです。

しかも、名前と住所がしっかり載るので、それを見たら「あっ、○○さん自己破産したんだ!」ってバレちゃいます。

もし気になるなら、インターネットでも官報が見られるので『インターネット版官報』でググってみてください。

もしかしたら、知っている人が自己破産したことが載っているかもしれませんよ。

イヤですよね~、自己破産をしたことが知られるのは。

そう考えたら、一番のデメリットかも、って思っちゃうかもしれません。

でもこれ、ほぼデメリットにならないんですよ。

だって、バレる可能性は限りなくゼロに近いんですから。

なぜって、官報はだれでも見られますけど、だれも見ないんです。

官報には法律のことやら裁判のことやら、一般人にはまったく関係のない小難しい記事ばっかり載っています。

そんな官報は好き好んで見ませんし、自分が知らない人の自己破産者の情報を見たってなにも得にもなりませんしね。

ワタシなんて、普通の新聞すらスポーツ欄しか見ませんからね(笑)

「もしかしたら、あの人は自己破産をしたのかもしれない」

と思って探しても、いつ自己破産したのかもわからなければ、探し出すのは不可能に近いですからね。

そもそも「自己破産したかも」と疑った時点では、すでに自己破産の手続きが終わっていたりしますから。

ですから、官報に載ったとしてもだれも見ないんですから、デメリットにはならないですよね。

ちなみに、ワタシも債務整理して官報に載った経験者ですけど、だれからも「官報見たよ!」なんてことありませんでしたからね(笑)

職業や資格の制限が・・・自己破産の手続き中のみ、しかもサラリーマンは関係なし

自己破産したら職業が制限されちゃう、なんて話を聞いたことがないでしょうか。

結論から言いましょう!

たしかに自己破産をしたら職業や資格の制限は受けてしまいます。

でも、たいていの人は関係ありませんよ。

職業や資格の制限を受けるのは、以下のようなあくまで一部の人だけですから。

  • 士業・・・弁護士、司法書士、税理士、公認会計士、行政書士など
  • 一部の公務員・・・公安委員会、教育委員会、交渉取引委員会など
  • 団体企業の役員・・・商工会議所、日本銀行、信用金庫、金融商品取引業など
  • 会社の役員・・・取締役、執行役員、監査役など
  • その他の職業・・・旅行業務取扱管理者、警備員、風俗業、廃棄物処理業、建設業者、調教師・騎手など

どうでしょうか。

あてはまる人いますか?

一介のサラリーマンは、まったく関係ないですからね。

ちなみに、これらにあてはまる職業のかたも、自己破産したら一生その仕事ができないわけじゃありませんよ。

職業や資格の制限を受けるのは、あくまで自己破産の手続きをしている期間のみ。

それが過ぎれば、弁護士にだって会社の取締役にだって自由になれますよ(笑)

保証人に請求がいってしまう・・・話し合いが必要です

自己破産をしたら、その本人の借金はゼロになりますが、保証人がついている借金だけ請求は保証人に行くんです。

これは大きなデメリットですよね

しかも、たいていの場合は一括返済を求められるんですから、さぁ大変!

ある日突然、保証人のもとにウン百万円を期日までに一括で支払ってくれ、と連絡が来るわけです。

保証人によっては、自己破産せざるを得なくなるケースもあるんですよ。

保証人になってもらったのに、まさに恩を仇で返すことになっちゃいます。

でもこれは、どうしようもありません。

保証人つきの借金があって自己破産をするんだったら、その前に保証人の方と話し合いをしましょう。

ぶん殴られるかもしれませんし、クドクド言われるかもしれません。

泣かれてしまうことだってあるでしょう。

でも、それが礼儀ですから。

仮にナイショで自己破産したところで、保証人に請求が行くので結局同じことですからね。

それならば、自己破産する前にしっかりとその旨を伝えておくのがベストです。

話し合いをすれば、保証人もいろいろと対策ができるんですから。

  • 自己破産をする心構え、対策をしておく
  • 一括返済を求められてもいいように、お金の工面をする
  • 借金を肩代わりしてあげる
  • 本人に代わって返済してあげる

借金の肩代わりや、本人に代わって返済するなんてことはないだろう、と思うでしょう。

でも、保証人になった人の気持ちを考えてみてください。

そのまま自己破産されたら、結局自分が借金を支払わなきゃいけなくなるんです。

それならば、自己破産はさせずに肩代わりしたほうがいい、と考えるかもしれません。

もしくは、一括返済はできないけど、毎月の返済をサポートしてあげることはできる人もいるでしょう。

「そんな神様みたいな人がいるわけない」

そう思うかもしれませんが、これはなにも本人のためだけじゃなく、自分のためでもあるんですから。

だって、自己破産されたら自分も自己破産せざるを得なくなるかもしれないんですからね。

というか、保証人になってくれた時点で、神様なんですけど。

そして、保証人になった時点で、こういうリスクがあることは承知しているんです。

まぁ、結局保証人次第なんですが、話し合いをしなければそんな可能性もありませんからね。

とまぁ、ちょっと脅しましたが、実際に保証人がついている借金がありますか!?

事業をやっていた人であれば別ですが、たいていはカードローンなどで返済が厳しくなった人が多いんですよ。

そういう人にはまったく関係のないデメリットですから、気にすることはありません。

このように、人によっては大きなデメリットになる人もいるかもしれませんが、たいていは借金がゼロになるメリットに比べたら、たいしたデメリットじゃないんです。

「えっ!?デメリットって、もっとあるんじゃないの?」

と思った人もいるでしょう。

基本はここで紹介しただけですよ。

もしかして、世間でウワサされているデメリットを鵜呑みにしちゃっているんじゃないでしょうか。

いろいろ間違ったウワサがありますからね。

まぁ、アナタが思っているデメリットがホントなのかウソなのか、確認したいですよね。

それについては、次で解説していきましょう!

ウワサはあくまでウワサ!こんなことは自己破産のデメリットにはありません

いろいろありますよね、『自己破産をしたらこんなデメリットがあるよ』ってウワサが。

ワタシも以前はそのウワサに惑わされていた一人でしたからね。

ワタシが聞いたウワサはコチラ!

  • 自己破産した事実は戸籍に一生残る
  • 選挙権がなくなる
  • 子どもや孫まで公務員になれない
  • 一生ローンが組めない

こんなところです。

当時は結婚前でしたから、戸籍に残ってバレて婚約破棄になるんじゃないか(まだ相手はいませんでしたが)、子どもや孫まで影響したらそれこそ大変!ってね。

でも、そんなことないんですよ。

だって、いまだに妻はワタシが債務整理したことを知りませんしね(笑)

そして、巷ではもっと自己破産に関する間違ったウワサがはびこっているみたいです。

これから解説しますけど、これがもしホントならデメリットが大きすぎて自己破産なんてできませんよ!

ウワサはあくまでもウワサってことですから、正しい知識を持っておきましょうね。

自己破産しても戸籍には残りません

自己破産をすると、それが戸籍や住民票に残ってしまう、というウワサを聞いたことはありませんか?

たしかに、そういった経歴は残っちゃうのかな、と思ってしまうのも無理はないでしょう。

でも、結論から言うと戸籍にも住民票にも一切残りませんから、安心してくださいね。

では、なぜこんなウワサがあるのかというと、身分証明書にその事実が載ってしまうことが関係しているかもしれません。

身分証明書というと、車の運転免許証とか健康保険証、パスポートと思うかもしれませんが、これはそれらの身分証明書ではなく、役所で取得する書類なんです。

まぁ、滅多なことでは使いませんけどね。

「やっぱり書類に残っちゃうじゃん!」

って、思うかもしれませんが、これも自己破産の手続き開始から免責許可がおりるまでの期間だけで、それが過ぎたら消えますから!

なので、免責許可が下りたら、もう自己破産のことなんて忘れちゃっていいんですよ。

何も書類が残っていないんですからデメリットにはなりませんよね。

選挙権も失われませんよ!立候補もできます

はい、これも結論から言いますよ~

自己破産しても選挙権はなくなりませんから!

そもそも自己破産は生活を再生させるための制度ですからね、人権をなくすことなんてありませんよ。

まぁ、ワタシが債務整理したときは、選挙にまったく興味がありませんでしたから、「どーせ選挙に行かないからいいや」って感じでしたけどね。

堂々と選挙に行きましょう!

ちなみに、投票する側じゃなくて、立候補も問題なくできますからね。

ということは、自己破産したって総理大臣になれるってことですよ。

まぁ、国会議員になったら〇春砲が炸裂しちゃうかもしれませんけど(笑)

自己破産しても会社は解雇されません!解雇されたら訴えよう

会社勤めの人は、自己破産したら会社をクビになるんじゃないか、ってかなりビクビクしているんじゃないでしょうか。

新しい生活をスタートさせようと思っているのに、仕事がなくなっちゃったらその後の生活も不安になりますもんね。

まぁ、クビになるかどうかの前に、基本的には自己破産しても会社にもバレないでしょうけどね。

ただ、自己破産をするときには会社から退職金見込額証明書を発行してもらうことになるので、それでバレちゃう可能性はあります。

でも、バレたとしても会社は解雇されませんから、デメリットでも何でもないです。

なぜなら、それは不当解雇になっちゃうんですよ。

もし、自己破産を理由に解雇されたら、裁判所に取り消しを求める訴えをおこしましょう!

まぁ、訴えなくても「これは不当解雇です。訴えますよ」といえばたいていの会社では取り消してくれるでしょうけどね。

だって、裁判では勝てないんですから。

もし、「自己破産したら解雇と就業規制に書いている」といわれても、その就業規制すら無効ですから、安心してください!

ただ、もし勤務先からもお金を借りていて、それもチャラになっちゃった場合は、会社に不利益を与えたことで解雇になっちゃうかもしれませんが・・・

また、サラリーマンだけじゃなくて、公務員も懲戒免職にはならないので安心してくださいね。

引越しもできるし、海外旅行にも行けますよ!

自己破産をすると、引越しはできなくなるし海外旅行にも行けなくなる、そんなウワサ聞いたことありませんか?

ハイ、そんなデメリットはありません。

自己破産の手続きが完了すれば引越しもできますし、世界一周旅行だってどうぞ、どうぞ!

ただ、自己破産の手続き中だけは制限されちゃうこともあるんですよ。

わかりやすく言うと、手続き期間中は住んでいるところを長期間離れちゃいけないことになっているんです。

住んでいるところが変わると、手続きを進めづらくなって面倒くさいからダメなんだそうです(笑)

でも、ゼッタイダメ、ってわけじゃなくて、裁判所に許可をもらえばOKなんですよ。

といっても、引越しならまだしも、自己破産をしてお金もないのに海外旅行なんて行きませんよね。

スマホも没収されません!だけど滞納と機種の分割払いが残っていると・・・

自己破産したらスマホも没収されちゃうんじゃ・・・と不安になる人もいるんじゃないでしょうか。

スマホが使えなくなるのは今の時代は大きなデメリットですよね。

でも、安心してください!

スマホはまず没収されることはありませんから。

なぜなら、スマホは今や生活必需品ですし、そもそも20万円以下のモノは没収されませんしね。

ただ、ゼッタイ大丈夫、とも言い切れない部分もあるんですよ。

たとえば、通信料金を滞納しちゃっている場合やスマホの機種代金の分割払いがまだ終わってない場合です。

通信料金の滞納や分割払いの残りがあれば、それも借金扱いになるんで自己破産したらチャラになるんです。

「そっか、よかった、よかった!」

って、思わないでくださいね。

携帯会社からすれば、通信料金や機種代金を踏み倒されちゃったわけですから、そのまま契約を継続するとは考えられません。

ですので、おそらく契約を解除されちゃうでしょう。

ここで1つ、注意したい点があります!

スマホが使えなくなっちゃうと困るからって、滞納分や分割払い分を一気に支払っちゃいけません。

1ヶ月分くらいの滞納ならいいかもしれませんが、そうでなければ偏波弁済(へんぱべんさい)になっちゃうこともあるんです。

むずかしい言葉でスミマセン。

偏波弁済って、自己破産前に特定の人にだけ返済しちゃうことで、これは禁止されているんですよ。

もしスマホの契約を解除されたくないというなら、親族などに代わりに支払ってもらうという方法もあるんです。

これなら本人の財産が減るわけじゃないので、大丈夫なんですね。

また少額だったら、偏波弁済にならないこともあるので、その判断はワタシじゃわかりません(笑)

弁護士さんに相談するのが確実ですよ。

子どもの就職にも影響はありません!ただ奨学金が借りられなくなることも

ワタシも聞いたことがあるデメリットが、自己破産したら子どもや孫まで公務員になれない、なんてウワサです。

これも真っ赤なウソ!

自己破産はあくまで個人のことですから、まったく影響はないですね。

自己破産は犯罪じゃないですから、警察官にも裁判官にもなれますよ。

もちろん、子どもだけじゃなく自分だってなれますからね。

でも、進学にはちょっとだけ影響があるかもしれません。

それが奨学金のこと。

今は奨学金を利用すれば、お金に余裕がない家庭でも大学や専門学校などに進学できます。

でも、その奨学金を利用するとき、親が保証人になるんですが、ブラックリストに載っている期間は保証人になれないんです。

といっても、5年~10年経過してブラックリストが消えれば問題なく保証人になれますし、保証人はほかの親族でもなれますから、なんとでもなりますよ。

まぁ、家族にナイショで自己破産したら、「なんで保証人になれないの!?」って言われちゃうでしょうけどね。

賃貸アパート・マンションも追い出されません。でも滞納があると・・・

マイホームがある人が自己破産をしたら、引越ししなくちゃいけなくなります。

これは大きなデメリットですよね。

そして賃貸アパートやマンションも追い出されちゃう、なんてデメリットもウワサされているようです。

これについては、以前は賃貸契約中でも追い出されちゃうことがあったんですが、法律が改正された今はそんなことはありません。

まぁ、そもそも大家さんに自己破産したことがバレる可能性も低いですしね。

ただ、家賃を滞納しちゃっている場合はヤバイかもしれません。

なぜなら、家賃の滞納分も免責の対象になるので、チャラになっちゃうんですから。

「またまたラッキー!」なんて思わないでくださいね。

この場合は、やっぱり追い出されちゃいますから。

じゃあ、滞納分を支払えば追い出されなくて済む、って思うのも危険!

それもさっき話した偏波弁済になっちゃう恐れがありますからね。

「もし追い出されたとしても、新しい賃貸アパートやマンションに引越せばいいだけの話」って安易に考えてもいけませんよ。

なぜなら、賃貸物件によっては賃貸保証会社の審査を受けなければいけないからです。

自己破産するとそういったアパートやマンションに入るのが厳しいってワケ。

とはいっても、保証協会とは無関係の物件もあるんで、探せば住まいは見つかりますけどね。

滞納がない人や、あっても1ヶ月程度の滞納ならそのまま住み続けられるでしょうから、気にしなくていいデメリットですね。

デメリットはたいしたことないが、安易に自己破産しちゃいけない!

自己破産のデメリットがたいしたことではない、ってわかってもらえたでしょうか。

持ち家も20万円を超える財産もない、保証人がついている借金もないっていう人は、本当にキツいデメリットなんてありませんよね。

ただ、だからといって

「ホントだ、たいしたデメリットじゃないね。俺も借金チャラにしてもらおう」

って、安易に自己破産しちゃいけませんよ。

もしくは、最終的に自己破産すればいいから、できる限り借金して遊ぼうなんてことを考えちゃいけません。

ワタシが言いたいのは、あくまで本来自己破産すべき状態の人が、デメリットを怖がって躊躇しちゃいけない、ってことです。

自己破産すればいいから、ジャンジャン借金しちゃいなさい、ってことじゃないんですよ。

勘違いしないでくださいね。

ワタシは何も人の道を説いているわけじゃないですよ。

ただ、そんなことをしたら借金の帳消しが認められなくなっちゃうからなんです。

自己破産すればだれもが借金がゼロになると思うかもしれませんが、そうじゃありませんからね。

あくまで裁判所で免責許可をもらって、はじめて借金がチャラになるんですから。

借金をチャラにしてもらえないケース、これを免責不許可事由って小難しい言い方をするんですが、そういうケースはあるんですよ。

そして、この免責不許可事由ですが、知らずにこれに当てはまっちゃうこともあるんで注意してくださいね。

ギャンブルや浪費だと認められないことも

免責が認められないケースとしてあげられているのが、ギャンブルや自分の収入に見合わないお金の使い方をした場合です。

ドキッ、とした人もいるんじゃないでしょうか。

というか、多くの人はギャンブルをしたことがあるでしょうからね。

ワタシも借金で首が回らなくなったときに、もらったばかりの給料を握りしめて最後の勝負に競馬場へ向かいましたからね。

結果ですか!?

2.5倍の単勝に20万円ぶっこみました!

見事に当たって、50万円になりました!

次のレースは鉄板の単勝1.8倍だったので、その50万円をそのままぶち込みました!

・・・

それで債務整理を決意した次第です(笑)

「えっ、でもギャンブルでの借金はダメなんじゃ・・・」

って、思うでしょう。

はい、たしかに原則としてはダメです。

でも、裁量免責というものがあって、つまり本来はダメだけど、裁判所が「まぁ今回だけは許しちゃおっかな」って判断されれば、借金がチャラになるんです。

ギャンブルで借金が増えたって人、結構多いですよね。

それを認めなかったら、自己破産なんてできませんしね。

なので、だいたいは認められます。

ただ、それも裁判所次第ですし、あまりにもギャンブルでの借金や浪費がひどい場合は認められないかもしれませんからね。

ちなみに、ワタシみたいに最後の勝負!なんてことをしていたら、裁判所でゆるしてくれませんよ。

あくまで、ここだけの秘密にしてください(笑)

返済能力がない、返済する気がなくて借金をした

さきほど、「自己破産すればいいからジャンジャン借金しちゃえ」っていうのはダメって言いましたよね。

その理由は、返済能力がない、もしくは返済する気がないのに借金をしたってことがわかったら、免責許可が下りないからなんです。

「そんな心のうちまでわからないでしょ」って思うかもしれません。

たしかにそれはわからないですけど、借金をして1回も返済しなかったとか、年収をごまかしたりして借金をしちゃったら、バレバレですよね。

実際に自己破産の申立ての1年以内に、年収などの情報を偽って借金をしたことがわかれば、免責が認められないこともあるんです。

というか、ほんとうに返済が苦しい状態だったら、闇金以外は審査が通りませんからね。

ようするに、あくどいことを考えてした借金はチャラにならないってことです。

財産をかくしちゃいけませんよ!

自己破産したら財産が没収されちゃうのが大きなデメリットです。

とはいえ、没収されるのは本人の財産であって、それ以外の家族のモノは対象にならないんです。

そこでちょっとひらめきませんか!?

ワタシは思いましたよ(笑)

自己破産する前に名義を変えればいいんじゃないか、ってね。

もしくは、財産目録に記載しなきゃいい、もしくはどこかに隠しちゃえばいいんじゃないかな、ってね。

これもダメよ~、ダメダメ!

もし、わざと財産を隠したことがわかれば、免責許可が下りないんですよ。

そりゃーそうですよね、そんな悪いことしちゃいけません。

参考までに、こんなことをしちゃうと財産隠しに思われかねないので注意してくださいね。

  • 家や車の名義変更をした
  • 家や車を知人に相場よりも安く売った(後から買い戻すつもりで)
  • 預金を引き出して隠す
  • 生命保険を解約してお金を隠す
  • 離婚して配偶者に財産を渡す(偽造離婚)

隠した現金までわかるわけがないだろう、と思うかもしれませんが、破産管財人をナメちゃいけませんよ。

もちろん、数万円程度ならわからないかもしれませんが、数十万円、数百万円の現金だったら、調査すればバレちゃう可能性高いんですよ。

たとえば車を売って100万円を手にしたとして、そのお金が口座にもどこにもない、行方が分からないとなれば、隠しているんじゃないかって疑われますから。

そして、こういった財産隠しは、免責許可が下りないだけじゃなくて、破産詐欺罪になっちゃうこともあるんです。

そんな危険なリスクを負ってまで、財産を隠してもいいことないですよ。

7年以内に自己破産をしていたらダメ

自己破産は人生で1度きりしかできないわけじゃありません。

いいかえれば、何回でも人生をやり直すチャンスがあるんですよ。

だけど、前に自己破産をしてから7年以内の場合は、原則として免責許可が下りないんです。

まぁ、裁判所からしたら

「また!?この前、自己破産したばっかりじゃん、反省してないじゃん!今回はダメ!」

って、ことでしょう。

たしかに、自己破産をしたらほとんどの人が『心を入れ替えよう』って思うものですから、地道にコツコツ生きていくはずです。

それが、たった7年程度でまた自己破産なんてことになったら、反省してないじゃん、って思われても仕方ないですよね。

しかも、それがまた前回と同じようにギャンブルや浪費なんてことになったら、「前回は特別許したけど、もう許しませんよ」って裁量免責は受けられないでしょう。

ただ、7年以内だったら絶対ダメ、ってわけでもなく、例外的に認められることもあるんで、弁護士に相談してみるといいですよ。

とはいっても、自己破産したらブラックリストに載って借金もできないし、保証人にもなれませんから、自己破産するほどの借金はできないんですけどね。

クレジットカードで買い物して換金はダメ!

お金がないときって、いろいろな方法で現金を手にしようとするものです。

ワタシもどうしようもなくて、いろいろなものを売ったりして工面したことありますから。

いろいろな方法を思いつく人がいますが、なかにはクレジットカードで買い物をして、それを安く売って現金にするっていう人もいるんです。

今、ナルホドって思いましたか?

まぁクレジットカードの現金化をおこなう業者は違法ですけど、個人的にクレジットカードで買い物したものを、オークションやフリマアプリで売るのはグレーゾーンでOKでしょう。

ただ、これはあくまで自己破産をしない場合ですよ。

ちょっと知恵が働く人だったら、自己破産しても現金として99万円までは没収されないのをいいことに、クレジットカードの枠の限界まで買い物をして、それを売って現金にするって考えるんじゃないでしょうか。

さすがのワタシもここまでは思いつきませんでしたよ(笑)

でもこれ、やっちゃダメ!

やっちゃうと、免責許可が下りない可能性がありますからね。

自己破産しか道がない、と思っていたら、もうクレジットカードは使っちゃダメ。

特定の借金だけをはずして申告しちゃいけません

自己破産のデメリットの中で、最も大きいのはやっぱり保証人に迷惑がかかっちゃうことです。

なので、ほかの借金はチャラにしてもらいたいけど、保証人がついている借金だけは支払いたいと思うのではないでしょうか。

またそれだけじゃなく、家があるなら住宅ローンだけは外したい、車があればマイカーローンだけは外したい、って思いもあるでしょう。

でも、これダメ!

さきほどもちょっと言いましたが、偏波弁済になっちゃいますからね。

「でも、言わなきゃわからないんじゃないの?」って思うかもしれませんが、そんなのバレますから。

まぁ、せいぜい個人間のお金の貸し借りくらいは申告しなくてもバレないかもしれませんが、金融機関から借りたなら、ゼッタイ無理ですから。

ゼッタイに隠せないのを隠してしまって、それがバレたら免責は下りないんですよ。

正直に申告しましょう。

特定の借金だけ返済しちゃってもいけません

さっきのケースと似ていますが、特定の借金だけ返しちゃうのもダメですからね。

そしてこれ、知らずにやっちゃいそうだから危険です!

たとえば、次のようなケースも偏波弁済にあたるかもしれないので、注意してくださいね。

  • 友だちからの借金だけ返済
  • 住宅ローンやマイカーローンを一括返済
  • 滞納していた家賃を一括で支払う
  • 電話代やスマホの分割代金を一括返済

これ、ホントバレちゃいますからね。

だって、このお金はどこに行っちゃったんですか?って、追及されますから。

そうですよね、一括返済するには数十万円という大きなお金が必要で、もし給料が入ってすぐに引き出して返済したら、疑われますもの。

このように故意に財産を隠したり、特定の人にだけ返済するのはもちろんダメですけど、中にはわからずにやっちゃうこともあるんですよ。

たとえば、「これどうせ没収されちゃうから、その前にあげるね」って気軽に貴金属を友達にプレゼントしたら、それも財産隠しにみられちゃうかもしれません。

ホント、どこからがダメなのか素人にはわかりませんね。

ワタシだってわかりませんからね。

ですから、免責不許可事由にならないように、弁護士に確認したほうがいいんです。

弁護士に相談して、これにお金を使いたいですがいいですか?とか、預金引き出しても大丈夫ですか?とか聞いたほうが安心ですよ。

自己破産するとこんなデメリットもあるので気をつけて!

ここまでは自己破産の一般的なデメリットを解説してきました。

わかっていただけたでしょうか。

でも、これまでのデメリットのほかにも、意外なデメリットもあるんで、自己破産前に頭に入れておいてほしいんです。

闇金からのDMが届く可能性があります

さきほど、『官報に載っても誰も見ないからデメリットにならない』って言いましたが、じつはチェックしている人もいるんですよ。

それが闇金業者です。

闇金業者は官報を見てどこのだれが自己破産をしたのかチェックしているんですよ。

そんなの見てどうするの?と思うでしょう。

自己破産をすると、一定期間は借金ができませんが、闇金は別ですよ。

ブラックリストに載っていようといまいと、関係なく法外な利息でお金を貸すんです。

なぜ、官報を見るかっていうと、まさにどこからもお金を借りられない人を狙っているからなんです。

自己破産の理由は人それぞれですけど、ギャンブルにはハマっちゃった人もいるでしょう。

おそらくそういう人は自己破産をして数年したらまたパチンコとかに行っちゃうかもしれませんね。

別にギャンブルをしちゃいけないわけじゃないですけど、もし負けてお金がなくなっちゃったときに、闇金からのDMが届いたら・・・

誘惑に負けちゃう人もいるかもしれません。

闇金業者はまさにそれを狙っているんです。

そして、原則として自己破産してから7年間は自己破産ができませんから、それも闇金業者には好都合なんですよ。

とはいっても、強引にお金を貸すわけじゃないですから、DMが来ても無視していればいいだけですし、気になるなら引越せばいいだけです。

ただ、闇金からのDMは届くかもしれない、ということだけは頭の隅に入れておいたほうがいいですよ。

自己破産で家族や知人からの信用がなくなることも・・・

自己破産すると、家族はもちろん知人にもバレちゃう可能性はあります。

ちゃんと法律で定められている救済制度なので、自己破産をしたからって犯罪者ってわけでもありませんから、知られても気にする必要はありません。

でも、知られちゃうことで1つだけデメリットがあるんですよ。

それが、家族や知人からの信用がなくなっちゃうことです。

まだ内情を知っている家族なら『仕方がなかった』とわかってくれるかもしれません。

でも、くわしい事情を知らない周囲の人は、いろいろと悪い推測をするものです。

仮に知人の保証人になって、自己破産せざるを得なくなったとしても、ギャンブルにハマった、女に貢いだ、闇金に手を出したなんてウワサになっちゃうことも。

もう、『自己破産をした人』というイメージだけで信用を失ってしまうこともあるんです。

これまでワタシが熱弁したデメリットについては、おそらく理解してくれたことでしょう。

でも、それを理解しているのは、アナタだけであって、世間一般の人はワタシの熱弁も聞いていませんから、自己破産についていろいろと誤解をしているんですよ。

ちょっと違った目で見られちゃうのは、大きなデメリットですよね。

たとえば、久しぶりにパチンコに行っただけで「自己破産したくせに、またパチンコしてる」と思われかねませんし、ちょっと競馬の話をしただけで「また競馬にハマっているみたいだぞ」なんてウワサされちゃうかもしれません。

周囲にバレちゃったら、それは覚悟しなくちゃいけないですね。

そうならないためには、やっぱり弁護士に相談して、バレない対策を考えて早急に手続きを済ませちゃうのが一番ですよ。

自己破産の方法によっては費用が高くなることも

最後に1つだけ、自己破産のデメリットを言わせてください。

それが自己破産の費用です。

自己破産をするにはそれ相応の費用がかかっちゃいます。

やっぱり気になりますよね。

ハイ、結論から言います。

自己破産でかかる費用は、3万円~100万円です。

かなり差があると思うでしょう。

これは、財産がどれくらいあるのかと、だれに自己破産の手続きを依頼するのかによって大きく変わるんです。

自己破産の方法としては、以下の3つの方法が考えられます。

  • 自分ですべて手続きする
  • 司法書士に依頼する
  • 弁護士に依頼する

さぁ、アナタならどれを選びますか!?

ワタシは最初、費用が一番安く済むであろう『自分で手続きする』方法をチョイスしました。

ハイ、すぐに断念しましたよ。

わからないことが山ほどあるし、書類の準備にも時間がかかりそうだし、裁判所にも何度も行かなきゃないし、裁判官からの尋問もあるみたいですからね。

じゃあ、少しでも安く済みそうな司法書士に依頼しよう、と思う人も多いんじゃないでしょうか。

たしかに、ほかの債務整理なら司法書士でもいいかもしれませんが、自己破産は弁護士一択でいいんですよ。

なぜって、司法書士よりもサポートできる範囲が広いですし、何より費用も安く済むんですからね。

話すと長くなるんですが・・・かんたんに説明しましょう。

財産がある場合は管財事件になって、破産管財人が選ばれますがその方に支払う引継予納金というのがかかります。

その費用がなんと50万円もかかっちゃうんですよ(5,000万円未満の借金の場合)

でも、弁護士に依頼すると、管財事件が少額管財事件というのになって、その引継予納金が20万円になるんです。

ようするに、弁護士に依頼したら30万円割引しますよ~、ってこと。

司法書士費用は弁護士費用よりも安く済むかもしれませんが、トータルすれば弁護士に依頼したほうが断然安く済みますよ。

もちろん、自分ですべてやれば司法書士・弁護士費用はかかりませんから、トータルは一番安く済みます。

だけど、さきほども言いましたが自分でやるのはホント無理!

弁護士に依頼するよりも間違いなく時間がかかっちゃいますし、それこそやっちゃいけないことをしちゃうと、免責許可がおりないなんてこともありますからね。

さらに、弁護士に依頼すれば、その時点から債権者は返済の請求ができなくなっちゃうんです。

督促がストップするだけじゃなくて、返済する必要もなくなるんですよ。

これ、法律で決まっていますから、ホント!

でも自分でやれば、裁判所に申立てを受理されるまで督促は止まりません。

裁判所に申立てするまでもかなり時間がかかるんで、いつまでも督促の電話にビクビクした日々を過ごさなくちゃいけなくなるんです。

そして、その間は返済もしなくちゃいけないんですからね。

もしかしたら、その期間で弁護士費用がたまるかもしれません。

そして弁護士に依頼したほうが自分でやるよりも安く済む、なんて不思議なこともあるんですよ。

たとえば、弁護士に依頼すれば同時廃止事件になったのに、自分でやったがために管財事件になっちゃった、なんてこともありえるんです。

弁護士費用にもよりますが、同時廃止事件になればトータル費用が50万円以下で済むかもしれません。

もう、どうしたらいいかおわかりですよね。

このようにやり方次第で、自己破産の費用も大きなデメリットになっちゃうので気を付けてくださいね。

早めに弁護士に相談を!デメリットをさけられるかも

自己破産のデメリットは、人によって差がありますから、たいしたことがないという人もいれば、やっぱりちょっとキツいなと感じる人もいるでしょう。

いろいろなケースがありますから、自分でもわからない、ワタシも説明しきれていない部分もあるかもしれませんしね。

だって、ワタシは弁護士じゃないんで、踏み込んだところまではわかりませんから。

自分にとってどんなデメリットがあるのかを確実に知るには、やっぱり弁護士に相談したほうがいい、いや、するべき!

なにもワタシは自己破産を推奨しているわけじゃないです。

借金で苦しんでいるんだったら、素人がいくら悩んでいても始まらないので、弁護士に相談しちゃおうってことです。

弁護士に相談したら、もしかしたら財産を失わずに済む方法が見つかるかもしれませんし、デメリットも最小限で抑えられるかもしれません。

自己破産をするにしても早く手続きを開始すれば、督促もストップしますから、それだけで督促のない平穏な日々がやってくるんです。

大切な家族につらい思いをさせたくないですよね。

そして、返済もなくなりますから、お金にもちょっと余裕が出てきますよ。

早く手続きすれば、その分ブラックリストへから消える時期も必然的に早くなりますしね。

なんといっても、自己破産すべきかどうか悩んでいる数ヶ月がもったいないですよ!

まず、どうするにしても相談しなきゃ始まりません。

今は無料で相談できる弁護士もたくさんいますから、まずは気軽に相談してみて、デメリットについても確認してみればいいんです。

自分のためはもちろん、家族のため幸せな未来のためにも、早く相談しましょうね。

自己破産に強くて安い弁護士はどう見つける?